反論の言葉

c0325636_13331616.jpg


相手に問題があったとしても、
感情にまかせたストレートな反論は、
相手との間に溝が作ることになってしまいます。

反論したい時こそ、
ちょっとしたコツでやりましょう。


1 、相手の考えにどうも納得できない場合

「わかります。良い意見ですけど、
ちょっとだけ気になることがあるんです。」

いきなり納得できない事を具体的に言うとムッとされます。
最初に相手のことを認める言葉抽象的な言い方を用いて、
反論前にワンクッションおきましょう。


2 、不満な気持ちを上手に伝える場合

「何か別の方法はないですかね」

不満ですとストレートに否定したら喧嘩の元。
他の案を探してくれるように上手に提案すれば、
さりげないダメ出しになり、
相手も方向転換しやすいものです。


3、嫌味を言われた時

「そういう見方もあるんですね。
 参考にします」

さらりと受け流し、
嫌な会話をストップする言葉です。
挑発に乗らない対応で、
あなたの評価が上がります。










[PR]

by gc52aj2v | 2014-04-09 13:31